Peak DesignのクイックシューPROplateを導入

近くには写真を一緒に撮ったり、カメラのことについて話すような知人はいませんので、もっぱらブログなどで色々な方のレビューを見る事が多いです。特にPENTAXユーザーの『酔人日月抄』さんのブログをしばしば見に行っているのですが、その中で気になっていたPeak Designのクイックシュー〈PROplate〉を購入しました。

https://www.peakdesign.com/proplate?q=pro%20plate&qcat=ac

望遠レンズの三脚座のクイックシュー取り付けが面倒

そもそもはPeak Designのカメラストラップが気になっていたのですが、取り急ぎ必要なものではなく、むしろ困っていたのは三脚を使って撮影する際の望遠レンズの取扱でした。

大型の望遠レンズになるとレンズのほうがカメラより重たく、カメラ側で三脚にセッティングするとフロントヘヴィーでかなり不安定になってしまいます。
そこでレンズ側に三脚座がついているのですが、レンズ交換の際に一回一回クイックシューも交換していると時間がかかって面倒くさいです。

それほど頻繁に望遠レンズで風景を撮るわけでないですが、いつかPeak Designのカメラストラップ〈SLIDE〉も購入しようと思っていたので、先に〈Proplate〉の導入を決めました。

付属品一覧

決めてはマンフロットRC2互換

SLIDEには標準で三脚座に取り付けるプレートが付いているようですが、アルカスイス互換だそうです。私が使っている三脚はマンフロットですので、これではSLIDEに移行しても三脚の使用ができません。

購入したPROplateもそのままではアルカスイス互換ですが、付属パーツを取り付けることにより、マンフロットのRC2プレート互換になるすぐれものです。

これが付属パーツです。

これが

こうなります。

RC2の標準クイックシューとの比較です。

マンフロットの方は、カメラと接する部分がラバー特有の摩擦抵抗が大きそうな質感なのに対し、Peak DesignのPROplateはどちらかと言えばプラスチックっぽい質感です。
これでしっかり固定されるのかな?と思う感じです。

実際に装着してみて

ココに取り付けるわけですが

標準ではこんな感じで

PROplateはこんな感じです。

特別違和感はなくて、しっかりと固定されています。

マンフロットのコーポレートカラーである赤とも親和性が高く、デザインもいい感じです。

取り付けは六角レンチで

ちなみにPROplateとカメラの取付には付属の六角レンチを使用します。

マンフロットは手だけでしっかり固定できたのですが、こちらは六角レンチが必要なので手軽にどこでも取り外しというわけには行きません。

最後に

カメラと取り付けた感じですが、簡単にゆるみそうなこともなくしっかり取り付け出来ました。(カメラのサブ機を売ってしまい取付画像は撮れません。。)
実際に重たいレンズをつけて撮影してませんので使用感はまた後ほど。Peak Designのカメラストラップ〈SLIDE〉を購入した際に一緒にレビューしてみたいとおもいます。


このSLIDEですが、現在は改良型の細身のものが出ているようですね。


スポンサーリンク

シェアする ≫

フォローする ≫